今、流行のブログとかいうものに
    三代目はチャレンジですらい!
  日記が月記、年記にならんよう務めます。
 
<< 救援物資のお願い!!! | main | 震災被害状況!!! >>
支援物資第2弾!!!
JUGEMテーマ:地域/ローカル



 テーマ:ブログ
$四国は愛媛最西端、日本一細長い佐田岬半島で菓子屋をしている三代目のブログ



$四国は愛媛最西端、日本一細長い佐田岬半島で菓子屋をしている三代目のブログ


三代目の所属する日創研愛媛経営研究会の事務局長から今朝方

連絡があり、支援物資として20万円の予算を組んで会員企業に

分配して在庫を持っている各社から送ることになりました。

愛媛経営研究会と会員企業のイースタイル美容室様からの

依頼を受け、当店も728個の「うにまんじゅう」を

第2陣として出荷しました。当初、埼玉の仲間へ送る予定でしたが

関東は1週間ほどかかるかもということで、大阪の仲間のもとへ。

大阪府岸和田市⇒埼玉県越谷市⇒仙台市若林区
という流れです。
新)お届け場所宮城県仙台市若林区卸町1-1-2
  仙台経営研究会のメンバーです。
 
そして、最後に被災地へのルートが、
1)仙台市若林区⇒22TTの宮野さん(青葉区エリア)
2)仙台市若林区⇒22TTの松本さん(塩竈エリア)
3)仙台市若林区⇒23TTの岩井さん(若林区エリア)
4)仙台市若林区⇒23TTの山根さん(太白区エリア)
5)仙台市若林区⇒東京マネジメント2011の佐藤さん(泉区エリア)
6)仙台市若林区⇒仙台経営研究会のみなさん(仙台全域エリア)
宮野さんが、宮城県の総リーダーとして、
各エリアのリーダーに情報を共有して頂いております。


当店は学校に関わる子供がいないのですが、パートさんによると

毛布、衣類、募金を28日まで中学校で集めているということ

ですので、みなさん、それぞれのポジションで判断、行動されると

よいかと思います。



三代目の所属する伊方町商工会青年部も愛媛県商工会青年部連合会

からの通達で各単部で義援金を拠出する話がおりてきました。

明日の本部役員会で話があるかと思いますが、情報・行動共に

遅すぎる感は否めませんが、できることを精一杯しようと思います。






$四国は愛媛最西端、日本一細長い佐田岬半島で菓子屋をしている三代目のブログ


今日、このように店頭で募金箱設置させていただきました。

送料のたしにさせていただこうと思いましたが、金額が

集まった場合、当店のお菓子を送るのに利用させていただいたり

どこかの機関にまとめて募金させていただこうと思います。


本日、海外からの友人から送料の足しにとカンパをいただきました。

本当にありがとうございます。

やはり、日本人はすばらしい!!!!

みんなでこの局面を乗り越えていきましょう!!!

三代目もできるだけ多くの場所で募金をしています。

長期戦になると思われますので、あまり無理をせず

飲もうと思っていたジュースを我慢して、お店に設置してある

募金箱にいれるというレベルで無理なく続けれたらいいなと

思います。

<入金口座>を明記した方がいいとアドバイスいただきましたので

さっそく、コチラに。


<義援金入金口座>

伊予銀行 三崎支店 普通 1119495
蠅Δ砲泙鵑犬紊Δ療賃鴫杙卻
代表取締役 田村義孝




最後に三代目が所属する日創研経営研究会の本部会長
からのメールを転載します。

思わず涙がこぼれました。




親愛なる皆様

質問や色々なメールにすべて答えられていません。
一部の方々だけで申し訳なく、善意に対してお詫びをします。

TTコースの方々の活躍に感激していますが、
今日は24TTを5月開始に変更しました。
状況の変化に対して適応します。

大阪の経営問答塾や、
福岡の特別SA研修(田舞担当)などは開催です。
名古屋・大阪・広島・福岡は大きな変更はありません。

今日は街頭募金を行いました。
日本創造教育研究所の伝統的な実務教育です。
教育に関わる人間が、
人様のお役に立つ気持ちが希薄では仕事になりません。

大阪は三班に分かれて行いました。
警察の許可を得てからの行動ですから、
今日から始めました。

私は梅田の元郵便局のあった「人通りの多い場所」です。
街頭募金を初めて30年になりますが、
今回ほど手ごたえがあったのは初めてです。

私は「東北頑張れ!」と叫びながら、
あの研修最後の総まとめの調子で声を張り上げました。
総まとめは15分ですが、今回は1時間20分!
流石に頭がクラクラしました。

今晩は広島の朝島社長の会社の社員さんと弟さんのお通夜でした。
茨城県の東海原子力発電所で、
作業中(200Mの高いところ)に、地震の揺れで亡くなられたのです。

募金で「東北頑張れ」と叫びながら、
二人を思い出し涙がこぼれました。

朝島組さんは鳶職の会社ですが、研修だけではなく、
「月刊・理念と経営」や13の徳目の勉強会もされ人材育成に熱心でした。
心から哀悼の意を表します。

毎回そうですが、
街頭募金では色々な人間模様を痛感します。
 1、募金を疑う人
 2、今回は若い人や高齢者の方が多かった
 3、中年が一番入れてくれなかった
 4、1万円を入れたくれた人も二人いた
 5、頑張ってと声をかけてくれる人もいた

福島から2日前に避難してきたという女性の方が、
「夫はまだ福島です。東北の為にありがとうございます」と言って、
涙を流しながら、「お金がないので少ないですが」と、
1000円札を入れてくださいました。

福島原発も何とかおさまるようなNHKのニュースです。

皆さん、日本国家復興のために東北を応援しましょう。
東北頑張れ!

田舞徳太郎
********************************************************
「共に学び 共に栄える」

【2011.03.17 Thursday 23:56】 author : 三代目
| - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
しずさん

正解、不正解はないと思います。人は人、自分は自分。
与えられた、または、今いるポジションを精一杯やる。
それがBESTだと思います。がんばってください!!!
| 三代目 | 2011/03/20 10:33 PM |
何をすればいいのだろう、私には何ができるのだろうと考えています。
「お金じゃなくて、気持ちを届けたい。」と、とある有名人が街頭募金を呼びかけながら、テレビで言っていました。

自分が募金をするのか、募金を呼びかけるのか。。。それとも?私はどうするのがいいのかなと考えていました。

私も「それぞれのポジションで判断、行動」したいと思います。
| しず | 2011/03/20 3:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.unimannya.com/trackback/887865
トラックバック
三代目 田村義孝