今、流行のブログとかいうものに
    三代目はチャレンジですらい!
  日記が月記、年記にならんよう務めます。
 
<< 伊方祭り! | main | 職場体験 再び! >>
二代目の想い!


今日はちょっとさかのぼって、お盆の時のお話です。最近HPのトップでも

紹介していますように毎週火曜日約400個のあげパンを作っています。

           ありがたいことです!

二代目(父)がつくり、三代目が揚げ、母が包装するという流れなのです。

毎年お盆の前後は人が増えるので通常より、多くあげぱんを作るのですが

今年は400の注文に+という形でしたので最終的にこの日だけで850個を

二代目が作り、三代目が揚げたのですが・・・。

お盆期間中はタルトがお土産として重宝されてよく売れますので、なるべく

新しいものをということで夜なべして作るようにしているのですが、

三代目は二代目の仕事量と効率、体力的なものを考えて「あげパンは

注文のものに+ちょっとぐらいにしてタルトを焼けば」といったのですが

「効率は悪いしあげパンは時間のわりに利益は少ないけど、昔なつかしい

いうてわざわざ買いに来てくれるお客さんがおるのにそんなことはいう

とれん、わしが寝ずにやったらすむことや、お客さんが喜んでくれる

のをみるほうがうれしいやないか」というのです。

三代目はそれ以上、何も言いませんでした。言えなかったというほうが

正しいでしょう。私が田村菓子舗の三代目としてやっていくなら学ぶべ

きことはお菓子の作り方よりもこういうことであろうと改めて頭がさが

る思いでした。地元の方はよくご存知の、おちゃらけた「のぶちゃん」

ですが私にとってはこういうこともたまにはいうよき師匠であり、

父親なのです。(普段はかなり、おちゃらけですが(笑い))

二代目は職人というより商売人という感じですが、「仕事は目で盗め」

という職人かたぎな一面も持っています。それは自分が初代からも修行

先からもそのように仕込まれたからだとはおもいますが。

私が地元にもどって3年目、ちょくちょく二代目は菓子屋としての使命感

とかどうあるべきかとかいったものを言うときがあります。私は二代目の

いうことを聞き逃さず、少しでも近づけるよう努力しているつもりですし

それ以上に自分の考えもおりまぜていろいろ取り組みをしています。

機会があればまたどこかでお話したいとおもいます。
【2005.08.20 Saturday 00:52】 author : 三代目
| パン | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
この記事に関するコメント
>大森さん

そうですね、冷えたものをチンすると美味しいですね。お客様のなかには冷凍しといて炊飯ジャーで解凍、保温したり、
レンジでチンしたり、トースターで焼いたりとするようです。
 ありがとうございます。これからも初代から二代目、三代目と店だけでなく、意識や思いを大切に守っていきますので。今後とも、よろしくお願いいたします。
| 三代目 | 2006/08/20 10:20 PM |
今年、揚げパン頂きました、レンジでチンした方がうまいと聞きチンすると、これが凄くうまい!できたてにはかなわないでしょうけどね。揚げパン作りご苦労様です、こんな話を聞くと食べながら涙でそうですよ、これからも無理せず頑張ってください。
| 大森 | 2006/08/19 1:03 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.unimannya.com/trackback/307281
トラックバック
三代目 田村義孝